稼げない仕事をしていては無理

稼げない仕事をしていてはセミリタイアなど無理

稼げない仕事をしていてはセミリタイアなど無理です。

 

別に選ぶ仕事はFXでなくとも良いと思いますが、こんな仕事を選んでいては、無理だろうという体験談をまとめます。

 

今は、ネットの発達で便利なものでクラウドワークスなどのサイトで募集をすると体験談をすぐに書いてもらえます。それも数十円程度で。彼らの名誉の為にもちろん彼らは生活の足しやお小遣い程度を稼ぐのが目的なので我々とはそもそも目指すところが違います。

 

しかし。、そのような仕事をしていは、セミリタイアなど無理なのですが、参考までに世間一般ではどんな仕事で稼ごうとしているのか、それらがどうなのかについて検討してもらえればと思います。

 

ファミリーレストランのホール係

 

日中の正社員の仕事の他に、ファミリーレストランでのホール係の仕事をしていた事があります。

 

お店はステーキやハンバーグをメインとしたファミリーレストランで、オープニングスタッフを募集していたところに応募し採用となりました。

 

正社員の仕事があったので、夕方18時半から19時の間に出勤し、23時の閉店後まで働いていました。22時以降は深夜料金になりますし、一回につき200円の交通費が出ていました。 そこでは約2年働き、正社員での職の転職を機に辞めることになりました。

 

月の出勤日数は15日前後で6万から7万円収入がありました。大変だった点は、終わる時間が閉店後片付けなどをすると午前0時くらいになってしまい、毎日の睡眠が4、5時間になってしまう事、ステーキ店の為服や髪に臭いがついてしまう事でした。

 

しかし、働いていたお店はスタッフをたくさん雇い、週1で働いている人がいるくらい、自由に休日申請ができた為、稼ぎたい人はたくさん、わたしのように仕事をかけもちしてる人はその都合に合わせてというように、シフトの希望を聞いていただいたので、大変助かりました。

 

本業の後に夕方出勤する人も多く、あの人も仕事終わりだけど頑張っているんだと思うとわたしも頑張れた気がします。飲食店は仕事内容は同じでも、メンバーの雰囲気でモチベーションが変わってくるような気がします。また飲食店で、働く事があればそういったお店の雰囲気についても事前に調べておくのが大切だと思います。


 

家庭教師の仕事

 

事務員の仕事をしていた頃、夕方きっちり終わり帰れることはいいのですが、その後遊んだりするのも飽きてきた頃、なにかアルバイトでも始めようと思いました。

 

夕方以降出来る仕事だと、飲食店や娯楽施設などいろいろありますが、さすがに毎日の本業に差し支えてはいけませんので、あまり体力は使わずに済むものがいいと思っていました。そんなときバイト情報誌でダントツに時給が良くて目にとまったのが家庭教師でした。

 

特に教員免許などは必要ないとの事で、指導方法の説明を受けた後早速ご家庭に訪問することになりました。ご家庭には、本職があることなど事前に自分の情報も伝えられており、連絡先の交換などもしました。家庭教師一回につき1時間から1時間半を目安に別の曜日で何軒かのお宅に通っていました。

 

基本的に週1から2回ですが、テスト期間になると週2回から3回にしたいたいう要望が多い為、二軒程しかかけもちはしませんでした。一件につき月一万円ほどになるので、収入としては多くないのですが、少しのお小遣い稼ぎ程度で、無理なく行うには最適です。

 

特に、生徒たちも日中は学校があるので仕事は夕方のみとなります。たくさん稼ぎたい方にはおすすめしませんが、わたしにはありの仕事です。